泣かない猫の手触り。物置き。       〈Internet Explorer 6.0以上、解像度1024×768以上推奨。〉

Menu
The Seven Deities

エリンディルの神々の中でも、特に強い力を持つ七柱の神々を七大神と呼ぶ。エリンディルにある大きな神殿では、必ずこの七柱の神々が祭られている。(『基本ルールブック』P233)

エリンディルでは多くの神々が信仰されている。その中でも、世界創世の根幹に関わっている神々を“七大神”と呼び、これらの神々を信仰している者がもっとも多い。ここでは、これらの神々がどのようなことを守護し、どのような人たちが信仰しているかを解説する。(『上級ルールブック』P101)




アーケンラーヴ

太陽の神にして、神々の王。エリンディル神話における主神である。その姿は銀の剣を持つ、黄金に輝く髪を持った若い男性の戦士として表される。手に持つ剣から“銀の剣”のアーケンラーヴとも呼ばれる。(『基本ルールブック』P233)

神々の王であるアーケンラーヴは、王や貴族などのいわゆる支配階級の人々に多くの信者がいる。また、ふたつ名の“銀の剣”から、騎士の中にも信仰している者がいる。また、病や怪我を癒やす力を持っていると言われることから、アーケンラーヴを主として信仰している神官は多い。(『上級ルールブック』P101)

特殊スキル『フェイス:アーケンラーヴ』(『上級ルールブック』P62)
タイミングメジャーアクション
判定魔術
対象単体
射程20m
コスト
効果
対象が次に行なう[武器攻撃]に対しては[回避判定]を行なえない。この効果は1シーンの間か、対象が[武器攻撃]をするまで持続する。1シナリオに[SL]回使用可能。このスキルを取得すると、他の≪フェイス:●●≫というスキルは取得できない。
アーケンラーヴの加護により、武器を祝福する魔術である。



ブリガンティア

月の神にして、予言の神。魔術を司る神でもある。その姿は両手に杯を持つ、薄衣を着た若い女性として表される。月の輝きのような銀の髪が特徴の女神である。(『基本ルールブック』P233)

月の女神にして、予言の女神ブリガンティアは、魔術を司ることから魔法使いに信者が多い。“高貴なる者”のふたつ名を持つため、アーケンラーヴほどではないが、支配階級の信仰者も少なくない。また、エルダナーンを創り出したこともあり、彼らの大半はブリガンティアの信者である。(『上級ルールブック』P101)

特殊スキル『フェイス:ブリガンティア』(『上級ルールブック』P63)
タイミングメジャーアクション
判定魔術
対象単体
射程20m
コスト
効果
対象が次に行なう[魔術]に対しては[回避判定]を行なえない。この効果は1シーンの間か、対象が[魔術]をするまで持続する。1シナリオに[SL]回使用できる。このスキルを取得すると、他の≪フェイス:●●≫というスキルは取得できない。
ブリガンティアの加護により、魔術を確実化する魔術である。



ダグデモア

天空の神。ダナンと共にエリンディル創造神の一柱である。その姿は竪琴を抱えた、恰幅のよい優しそうな笑みを浮かべた初老の男性の姿として表される。知恵や技芸にも通じているとされる。(『基本ルールブック』P234)

神々の父であり、天空の神であるダグデモアだが、どちらかというと技芸の神としての側面の方が強いため、吟遊詩人や芸人、道化師などに信者が多い。(『上級ルールブック』P101)

特殊スキル『フェイス:ダグデモア』(『上級ルールブック』P63)
タイミング判定の直後
判定自動成功
対象単体
射程20m
コスト
効果
あなた以外のキャラクターが判定を行なった直後に使用する。その判定で使用したダイスのうち、ひとつをふり直す。どれをふり直すかは対象が決定すること。この時、ひとつもふり直さなくてもよい。1シナリオに[SL]回使用できる。このスキルを取得すると、他の≪フェイス:●●≫というスキルは取得できない。
ダグデモアの加護により、因果を改変する魔術である。



ダナン

大地の神。ダグデモアと共にエリンディル創造神の一柱である。その姿は薄緑色の薄衣を着た、植物のような緑色の髪と瞳を持つ壮年の女性として表される。ダグデモアと共に多くの神々を生み出した神々の母である。(『基本ルールブック』P234)

大地母神のダナンを信仰しているのは、狩猟や畜産など、動物に関わる仕事をしている人たちである。また、アエマほどではないが、農業を営んでいる人たちにも信者がいる。(『上級ルールブック』P101)

特殊スキル『フェイス:ダナン』(『上級ルールブック』P63)
タイミングダメージロールの直後
判定自動成功
対象単体
射程20m
コスト
効果
対象が受ける[HPダメージ]をあなたが少し肩代わりするスキル。対象に対する[HPダメージ]が決定した段階で、そのダメージを[SL×10]点までの任意の点数、あなたが肩代わりできる。このスキルを取得すると、他の≪フェイス:●●≫というスキルは取得できない。
ダナンの加護により、対象を防御する魔術である。



アエマ

泉や河の神にして、豊穣の女神である。その姿は穀物を手に持ち、水のような青い髪に花冠をティアラとしている若い女性の姿として表される。(『基本ルールブック』P234)

河と泉の女神であり、豊穣の女神であるアエマは、漁業や農業などに関わる仕事をしている人たちに信者が多い。また、草花や肥えた大地を愛するフィルボルたちにも、彼らを創り出した神であることもあって、信者が多い。(『上級ルールブック』P101)

特殊スキル『フェイス:アエマ』(『上級ルールブック』P62)
タイミング効果参照
判定自動成功
対象自身
射程
コスト
効果
あなたが≪ヒール≫を使用する際に宣言する。その≪ヒール≫の対象を「範囲(選択)」に書き換える。1シナリオに[SL]回使用できる。このスキルを取得すると、他の≪フェイス:●●≫というスキルは取得できない。
アエマの加護により、より多くの人間を癒す魔術である。



ゴヴァノン

山の神にして、鍛冶の神である。その姿は、鍛冶に使用するハンマーを持った、火のような赤い色の髭を蓄え、やはり赤い髪と瞳を持った壮年の男性として表される。(『基本ルールブック』P234)

鍛冶の神であるゴヴァノンは、鍛冶屋や錬金術師の信仰を集めている。また、山の神でもあるため、林業や猟師などに信者も多い。また、ネヴァーフたちを創り出したということもあり、ネヴァーフたちのほとんどはゴヴァノンを信仰している。(『上級ルールブック』P101)

特殊スキル『フェイス:ゴヴァノン』(『上級ルールブック』P62)
タイミングメジャーアクション
判定魔術
対象単体
射程20m
コスト
効果
対象が行なう[武器攻撃]によるダメージを属性のない[魔法ダメージ]とする。また、対象が行なう[武器攻撃]の[命中判定]に+SLする。この効果は1シーンの間、持続する。このスキルを取得すると、他の≪フェイス:●●≫というスキルは取得できない。
ゴヴァノンの加護により、対象の武器を強化する魔術である。



グランアイン

雷の神にして、戦の神である。その姿は、ドゥアン三部族の全ての特徴−角、翼、牙と爪をすべて備え、雷を模した槍を持った、若い男性として表されている。(『基本ルールブック』P234)

戦の神グランアインを信仰している者は、傭兵や戦士、騎士などの戦うことを生業としている者たちである。また、信仰とはやや異なるが、ドゥアンたちは何かを成そうとする時、グランアインに誓いを立てることが多い。(『上級ルールブック』P101)

特殊スキル『フェイス:グランアイン』(『上級ルールブック』P62)
タイミングメジャーアクション
判定魔術
対象単体
射程10m
コスト10
効果
対象に[(SL+1)D6]の[魔法ダメージ]を与える。この魔法の属性は、魔法を使用した際にあなたが任意に決定すること。ただし、属性をなくすことはできない。このスキルを取得すると、他の≪フェイス:●●≫というスキルは取得できない。
グランアインの加護により、敵を打ちのめす魔術である。