弓道弓具専門の弓具店                                      →サイトマップ

新潟にある弓具店、宮川弓具です。弓・矢、弓道弓具を販売、修理を行っています。



お 店 案 内

商 品 紹 介

トップページ

オリジナル商品

弓 矢 さ ん

弓矢さんのブログ

通 販 表 記

個人情報お取扱

Y.HIROMI写真集

 

イヌワシの剥製

弓道弓具販売、修理などを専門に行っている弓具店です。豊富な弓道弓具、オリジナル商品も取り揃えていますので、何でもご用命ください。


弓矢さん


着物の知識

弓道では、中級者以上になると和服を着る機会が増えてきます。 審査でも、5段以上(地域によっては4段以上)からは和服の着用が義務づけられています。 3段を取得した頃には自分の着物を作り、和服で弓を引くことに慣れておくと良いでしょう。

・着物の種類
羽二重キメが細かく肌ざわりが良く、光沢のある上等な織物。
お召撚りを強くかけた糸で織ったもので、お湯で揉み、しぼをつけるチリメンと同じ技法でつくられる。
裏地をつけて仕立てた着物のこと。
裏地をつけずに一重に仕立てた着物のこと。
盛夏用の染下生地で、織り目の透けた薄い織物。


当店取扱いの着物の種類

○男 子  交 織 御 召                 商品一覧ページへ

        羽 二 重
 ・・・・・ 高段者向き


〇女 子  ち り め ん

    (色) 黒、藤色ピンクブルーグリーン


素材はポリエステル100%で、家庭で手洗い可能です。手洗いをしていだたいて、タオルで水分を取り、陰干しにして下さい。また、アイロンをかける場合は当て布をして下さい。



サイズの選び方
着物の裄(ゆき)の長さ

                        ・・・ 着物の背縫いから袖口までの長さ

背中の中心から手首のくるぶしまでの長さを測り、プラス3〜4cmの裄のサイズをお選びください。





家紋

通常5ケ所入れます。 5つ紋は背の中央にひとつ、左右の外袖と両前身頃も胸にひとつずつ入れます。 男物は紋が大きく、女物少し小さくなっています。
家紋の種類は通常で数千種類あり、厳密には億を超えると言われています。

紋章上絵

紋章上絵師は、紋という緻密な絵柄を書き付ける繊細な仕事です。
紋は約四千種の組み合わせで作られ、計算上は億を超える種類になります。
紋を描く人は、基本の型が頭に入っており、正式な紋の名前を聞いたらすぐその設計図を頭で描くことができるといいます。
それは、紋全体の種類というより、紋を構成しているパーツで記憶しているからです。
すごいですね!
弓道着物家紋入れ弓道着物家紋入れ

弓道着物家紋入れ弓道着物家紋入れ


紋を描くときは、生地の凸凹を平らにし、分廻しなどを使い、特殊な筆で描きます。
家紋の選択はこちら